化粧品研究者こまっきーの語り部屋

化粧品研究者こまっきーが普段考えていることを書き留める、日記のようなもの。

2024-06-01から1ヶ月間の記事一覧

こつこつビジネスに戻っていくか。

僕が会社を立ち上げた2018年頃は、「スタートアップは最初にどれだけ資金調達できるかで将来が決まる。」なんて言われていました。そう言われていたものの、僕にはそれは合わないと思ってスタートアップあるあるの投資家から資金調達はせずに、銀行から借入…

何もしない時間の大切さに気づくには。

1日をなにもしないよりも何かしていた方が良い。と、そう誰もが考えることでしょう。たとえ自分は家でゴロゴロしているのが好きでも、「どっちが良いと思う?」と聞かれれば、何かしている方を選ぶと思います。 それでも100%何かしている方が良いわけではあ…

時間をゴールに。

僕はお出かけをするとどうしてもバタバタしてしまいます。出来ればのんびり、ゆったりしたいと思う時でも、いざそこに行くと「何もしないのは勿体無い!」と考えて動いてしまいます。 おでかけした時だけではなく、家の中でもやるべきことは先にやってしまお…

見直すべき「ありがとう」と「ごめんなさい」。

関西人はよく「すんませんねえ。」言いますが、あれは謝っているのではなく、挨拶みたいな使い方をしています。「行けたら行くわ」「知らんけど。」に次ぐ、関西人の謎な表現の1つです。関西人同士では、本気にしない言葉のうちの1つです。「すんませんねえ…

今のインバウンドは良き傾向か?

インバウンド戦略はアベノミクスの成功の一例であると言われています。今のインバウンドの状態になった背景には、アベノミクスによるインバウンド戦略からの流れがあると考えられます。 民主党政権時はドル円が77円という円高の状況にあったのが、アベノミク…

変わりゆく家計簿の中身。

過去に何回か「お金を稼ぐことだけではなく、出費内容に目をむけるべきではないか。」というブログを書きました。 2年ほど前に岸田首相が副業を促進したのをキッカケに、“スキマ時間”と言って仕事の空き時間や通勤の時にちょっと副業するということが広がり…

結婚がゴール思考。

「女性は結婚をスタートと考え、男性は結婚をゴールと考える。」なんていう言葉が昔ありました。これが男女の思考の違いなので、新婚生活で「思っていたのと違う。」と女性が不満をもらすことがよくあったとか、なかったとか。今では男女関係なく、そして結…

苛立ちは疲れのサイン。

体調を崩す前に、肌が荒れる前に体調の変化に気づいて休めるようになればいいのですが、それに気づくことが難しい人もいます。昔の僕が特にそうでした。 季節の変わり目に肌が荒れやすいことはわかっていたので、注意しながら生活していました。注意するとい…

リラックスしようとしてはいけない。

アトピーが痒くて寝れない日々が続いた時、薬でどうにかするのも限界があるので、あとは自分で出来ることをしようとしました。自分で出来ることでパッと思いつくことは、食事改善やリラックスすることでしょう。僕もリラックスすることをやってみたことがあ…

ながら見という大きな罠。

最近、ほとんどが“ながら見”になっています。この“ながら見”というのは、昭和の終わりから度々問題視されていたようで、僕の好きな小説家である赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズ2作目“三毛猫ホームズの追跡”でも“ながら見”に対する忠告がありました。このと…

何回も基礎に立ちかえる時間が必要。

最近、改めて大学の時に学んだ生物学などの基礎知識の勉強をしています。大学は本を買っても授業が主体ですから、本を読んだ記憶は殆どありません。ページを開いてその部分を教授が説明しノートに書き込むといった風で、本は開いているだけで目線の先は黒板…

お世話になった大人たちの年齢を超えた。

学生は学生というだけで、大人から何かしてもらえることがあります。 高校生の頃、家族旅行先で僕と姉だけダイビング体験をしました。ダイビングするために小さな島に移動して、そこからさらにボートで移動してダイビングをしました。体験者は他にもカップル…

きっと気づいているのに、無視してしまっていること。

会社で後輩の動きを見ていて「それは失敗する流れやなー。」と思って、失敗することを気づいているのに、敢えてスルーする。これは良いことだと思います。自分は過去に失敗した経験があるから、その流れが失敗するとわかるわけです。ここでそれが失敗するこ…