化粧品研究者こまっきーの語り部屋

化粧品研究者こまっきーが普段考えていることを書き留める、日記のようなもの。

2024-07-01から1ヶ月間の記事一覧

化粧品の役割。

化粧品研究職に就いて9年、自分から進んでセミナーに参加したり、専門誌を読んでいますが、それでもまだまだ知らないことが沢山あります。セミナーに行って、専門性を読んで知った原料をすべて研究しているわけではなく、その中で興味を持った原料だけを研究…

食事の本当の偏りはすぐには出ない。

前回は食べ過ぎやバランスのいい食事について話しました。そういうことを気にすれば気にするほど、栄養バランスは偏っていく傾向があります。 栄養バランスが偏った場合、偏った食事をしてからどれくらいで実感するのでしょうか。 これは減らしたものによっ…

食べ過ぎとか、バランスの良い食事ってなんやねん。

食事の記事を見ていると、「しっかり食べましょう!」という記事よりも“食べ過ぎ”というワードが多いなと感じています。“食べ過ぎによる疲労”と書いてあって、食べすぎるから身体がダルくなり、疲れを感じるのだから食べすぎるなという考えがあります。これ…

ボーナスで貯金しない。

2回に渡って、僕が実際にやっている節約方法や家計簿の付け方について書きました。家計簿の付け方の話では、食費と日用品費、そして趣味の娯楽費も固定費にするという話をしました。固定費にするものはあともう1つ、貯金があります。 貯金は出費ではないので…

趣味を固定費にする。

前回のブログでは、僕の節約術について書きました。家計簿はつけおかないと予算が組めないことや、食費や日用品費は1年の平均で予算を組み、固定費として考えるべきであるという話をしました。また、僕が実際にやっている食費や日用品費を節約する方法も話し…

僕の節約術。

家計簿をつけることは結構面倒くさいことかもしれませんが、やっぱりやった方がいいです。 貯金する金額や趣味に使えるお金を増やしたいと考える時、副業をしてお金を増やすことを考えてはいけません。まずは家計簿の確認です。今の状況把握が出来ていないの…

分かり合おうとした30年。

令和に入ってから、たまに平成を振り返っています。平成は“失われた30年”と言われるように、悪い部分ばかりが目立っていますが、良い部分もあったはずです。前に進む時には直近の過去を全て悪いと決めつけず、次の時代に生かすためにも良かった部分を把握し…

平らに成った30年。

令和に入って6年目になります。昭和から平成に入ってバブルが崩壊し、教育方針や仕事のスタイルが変わりました。年号が変わるということは、社会の中でも何かが変わる傾向にあります。 何が変わったのかを実感するには、平成がどういう時代だったのかを今の…

キレイになりたきゃ、飯を食え。

なんででしょうか。キレイになるためには、“食事制限”や“偏った食事”をすることが推奨されています。そして皆さんはそれに疑いもなく、そのとおりにしています。 身体のことを考えてみると、肌は栄養がなくてはキレイな肌は作れません。身体は栄養がなくては…

乳液出して欲しいって言われるけど、そうじゃないねん。

僕が販売している化粧品こまっきーのスキンケアは2つ、こまっきーウォーターとこまっきーオイルです。僕はスキンケアはこの2つのアイテムで十分だと考えています。 この2つのアイテムを出すのに、どんなスキンケアを作るかには随分研究しました。スキンケア…

リーダーの役割。

リーダーとはどういう人であるべきでしょうか。 新卒で入社した会社の最初の研修では、近くの少年活動センターに行って2泊3日で様々な研修をしました。そのうちの1つにスタンプラリーがありました。人事部の人は20人ほどいた新入社員を4つのグループに分けて…

マニュアル通りできる人がいるからこそ安定する。

「役所の人は融通が効かない。」とか「あの人はマニュアル通りでしか仕事ができない。」という声があるので、マニュアル通り仕事をしている人はダメな人と思ってしまいます。 僕も以前、「チェーンの飲食店や居酒屋の接客はマニュアル通り過ぎて嫌だ。」とい…

将来をあまり気にしない方がいい。

自分で化粧品の研究をして、商品を販売したい。高校の頃からそんなことを考えていた僕ですが、明確なビジョンがあったわけではありません。高校の頃から化粧品の研究がしたいと考えていたという言葉が何回か出てきますが、それほど熱意があったわけでもあり…

感情は利用されやすい。

感情的になることはいい事です。特に鬱の症状が出てしまう方は自分の感情がうまく表現できていなかったり、自分が今どう感じているのかが分からなくなっているのではないかと思います。 「なんか不愉快に感じたけれど、どこがどう不愉快に感じたのかが分から…

真実はひとつじゃない。

「真実はいつもひとつ!」名探偵コナンの名台詞です。名探偵コナンは僕が4歳の時にアニメの放送が始まりました。思い出すのは小学校に入ってから、友達の家で漫画を読んでいるシーンばかりですが、歴代のOPとEDを見てみると、覚えている一番古い曲は2代目のE…

国民はこれ以上、国からの支援を求めない。

8月から電気・ガス料金補助が再開されます。僕らにとってはありがたい話なのですが、一方で「選挙対策なのでは?」という声もあります。 確かに選挙前になると何かとこういう話が出てきがちですし、選挙の時に立候補者が言っている言葉と言えば、減税と支援…

掻くのを我慢するんじゃない。自然と掻かなくなるんだ。と言う話。

全国的に梅雨が始まり、気温も上がり、ジメジメするこの時期となりました。だいたい、こんなにも湿度が高くジメジメしていれば、夕立くらいは降っても良さそうなのに、雨の降らない日が1週間も続いています。不思議な感じです。暑くなってくると、気温ばかり…

日焼け止めが必要ない理由。〜こまっきーファンデーションについて〜

前回の続きです。 www.komackyblog.com 前回は日焼けや日焼け止めの成分についてお話しました。今回はよく質問がある「日焼け止めは塗らなくていいのか?」について日焼け止め成分以外の考えや工夫についてお話ししたいと思います。 “必要なものを、シンプル…

日焼け止めが必要ない理由。〜日焼けと日焼け止め成分について〜

こまっきーファンデーションのチラシには「日焼け止めは必要ありません。」と書いてあります。それは日焼け止め効果を配合しているからということだけではなく、こまっきーファンデーションには他にも工夫がしてあるからです。その工夫の効果は日焼け止めを…

捨てるのは簡単、買うのは大変。

数年前にミニマリストという言葉が流行りました。不要なものを持たずに、必要最低限で生活する人のことをミニマリストと呼びますが、身の回りを最小限にすることで時間と心に余裕が持てると考えられています。 確かに、なにかと物が溢れかえっている今、「こ…

大人の役割。

人を大きく分ける方法として、性別のほかに子供と大人があります。子供の頃、大人はすごく物知りで、困ったら助けてくれる存在だと思っていました。 例えば小学生の頃に自転車がパンクした時、父はパンクを直してくれました。その直しているときの作業を見て…

リーダーは周りが決める。

中学2年生の時、部活動をしていると3年生が引退した後は「誰が部長副部長になるか?」という話になると思います。僕が所属していた部活では、部長と副部長は先生が決めるのではなく部員がそれぞれ誰が良いと思うかを紙に書いて提出し、多数決で決めるという…

有名どころよりも興味から始める読書。

小学5年生の頃、「地元の中学がヤンキーばっかりで危ない。」という母の心配から、中学受験をするために塾に通い始めました。勉強に興味がなかったので成績はイマイチでしたが、小説を読むキッカケになったのは中学受験に向けた模試でした。模試は年に2回あ…

梅雨の頭痛にはコーヒーを。

「コーヒーはカフェインが多いから身体に良くない」なんて言う人がいます。言うというか、書いてある。ですね。こういった○○=●●という考え方は本当に良くない考え方だと思います。何においても良いところと悪いところがあり、やり過ぎないやりなさ過ぎないこ…

健康をどんぶり勘定に。

慢性疾患の治療で病院に行って、薬をもらいながら治療というものについて考えます。「これでいいのか?」と。特に行くたびに同じ薬の処方であることが数ヶ月続き、症状に変化がない、または症状が行ったり来たりであれば、余計にそう思います。 「これでいい…