化粧品研究開発者こまっきーの語り部屋

化粧品研究職であるこまっきーが研究者目線で化粧品や美容について語ります。

これから起こることを考えてみる。〜良いこと編〜

こんにちは。
化粧品研究者のこまっきーです。

前回は悪いこと編。でしたが

 

www.komackyblog.com

 今回は良いこと編です。

1.手料理が多くなる。
共働きによって、食事が味の素を使った簡単な料理、スーパーのお惣菜、インスタント、冷凍食品になってしまい、栄養バランスが乱れがちにあります。
今回の自粛によってinstagramを見ていても、手料理の投稿が多いように思います。
今、暇だから。と理由だけでも手料理する家が増えるのは良いことです。
これを機に、今後も手料理を振る舞う家が増えればいいなと思います。

2.時間がゆっくりになる。
情報が多すぎることによる疲労。というのがあります。
現代人が受け取る1日の情報量は江戸時代の1年分だそうです。
すごくないですか?
時代が違うとはいえ、昔の1年=現在の1日なのであれば、疲れるのも無理ないと思います。
週末は疲れて寝るだけ、というのは仕事が忙しいというだけでなく、情報の多さによって疲れているからなのです。
今は毎日、コロナの情報しかありませんし、毎日「昨日は何人感染しました。」なんて情報聞きたくないでしょう?聞かなかったらいいんですよ。見なかったらいいんです。
毎日報告するなんて、洗脳としか言いようがない。
見ないことを選択できるくらい、今は自粛により世間が動かないので、情報に進歩がなく、時間がゆっくりしています。
そして他の方面では改めて、大量生産や流行を追いかけるビジネス、安売り、それによって余った物の廃棄について議論されています。
僕たちは駆け足、猛ダッシュの状態を続けすぎたのだと。
僕もそう思います。
もっと時間がゆっくりになり、作られる物1点1点が良いもので何年も使い続けられる物になればいいなと思います。

3.人と人、リアルの大切さに気づく。
これは自粛があまりにも長いあいだ続くと頭にバグが起こって反対のことが起きそうですが、今のところ、
“早く自粛が終わって友達と遊びに行きたい。”
と思っている人が多いのでは無いでしょうか。
10年ほど前から学生はブログを始めるようになり、リアル以外でも気軽にコミュニケーションが出来るようになりました。ブログからmixi、Facebook、Twitterやinstagramへと変化し、タイムリーで映像も見られるネットコミュニティが普及しました。
そしてラインによる長電話やテレビ電話は10年前では考えられません。
リアル以外のコミュニティがこんなに充実しているのにも関わらず、
今僕たちが思うことは
“早く会いたい”
なのです。
ネットがいくら普及しても、最終的にはリアルなんだ!
ということに気づくときなのかもしれません。

以上良いところ3点、でした。

まだ気づいていない人は気づけば良いなと思うし、
他の良い点が見つかった人はハッピーだし、
「いや、私は引きこもりバンザイです!」という人は最先端だなあと思います。

☆質問、相談は気軽にコメント、メッセ下さい。
こまっきー

↓スキンケア発売中↓
※顔を掻きむしっているアトピーの方にスキンケアはおすすめしません。

お題「#おうち時間