化粧品研究開発者こまっきーの語り部屋

化粧品研究職であるこまっきーが研究者目線で化粧品や美容について語ります。

プラスチックを悪者にするな。

こんにちは。
化粧品研究者のこまっきーです。

今日はちょっと違う系統の話で

プラスチックを悪者にするな

です。

スタバは紙のストローにしたりしてますが、それは違うんじゃないかと。

1.そもそもプラスチックの用途は。
プラスチックの代表作、ペットボトルを例に挙げてみましょう。ペットボトルの中身はお茶や水、ジュース、炭酸飲料など幅ひろくあります。
ペットボトルが普及したのは、瓶より缶が、缶よりペットボトルが安価だからでしょう。そしてそれらの元々の目的は

外出時に変える飲み物。

という位置づけだったはずです。

2.お茶を作らなくなった時代。
それが今では、家でもお茶を作らずにペットボトルのお茶を買う。お茶なんてやかん沸かして葉っぱ入れるだけです。
そりゃあ、飲料メーカーからすれば、葉っぱを売ってるわけではないので、ペットボトル飲料でビジネスして儲かれば最高でしょう。
しかし、健康的にも環境的にも良いのは家でお茶を沸かすことです。

3.プラスチックを悪者にするな。
プラスチックのゴミが多くなりました。海に捨ててましたが、魚から微量のプラスチックが検出されます。

だからプラスチックやめましょう。
という運動は間違っています。

便利だという理由で使っていた、ペットボトル飲料を家庭で大量に使う。
ここを正していくことが本来のあるべき方向性だと思うのです。

外でコーヒーを飲む。そのストローが別にプラスチックでもいいじゃないですか。

でも家にいるのに、既に作られた飲み物を飲む必要はないです。
お茶でもコーヒーでも紅茶やココアでも自分で作ればいいんです。
そういう時間は生活していく上であるべき時間なんです。

それが減るだけでも、プラスチック問題はかなり解消出来るのではないでしょうか。