化粧品研究者こまっきーの語り部屋

化粧品研究者こまっきーが普段考えていることを書き留める、日記のようなもの。

そろそろ加湿器を検討する季節かも

大きな台風が過ぎ、なんだか空気が乾燥してきた。今はまだ窓を開けて、一日中気持ちいい風を家に入れたい気分だが、もうそろそろすると、更に乾燥し、気温も下がり、加湿器が欲しくなってくるだろう。見た目などではなく、価格や電気代、手入れという実用的…

バブルの残り香

ここ数年、建築業界が盛り上がっているそうです。こんな時代に?と思ったのですが、色々聞いているとリフォームや建て替え、建て替えに近い新築で、今のうちにやってしまって次の世代に引き継ごうというものが多いそうです。 つい最近ではキッチンやリビング…

自分に合う異性を芸人で探してみる。

自分にはどんな異性が合うのか。年上で引っ張ってくれる人優しく包み込んでくれる人自分が引っ張ったり、リードするのが好きな人もいるだろう。自分の性格を理解し、「自分はこういう人だ。」と分かっている人は理想の異性を見つけやすいが、自分の性格が分…

要らないなら使わなくていいです。-後編-

www.komackyblog.com 前回に引き続き、今回はメイク関係の“ノー◯◯”について話していこうと思う。 そもそもメイクはスキンケア以上に、必要ではない。メイクというのは、素顔を整えて少しキレイにしたり、色遊びで素顔と違う雰囲気を楽しむものだ。つまり、素…

要らないなら使わなくていいです。-前編-

化粧品には“ノー◯◯”という言葉がある。あるアイテムを使わない方がいい、使わないほうが肌がキレイだ。という主張だ。確かに、要らないなら使わなくていい。それは化粧品だけでなく、なんでもそうだろう。包丁でキャベツの千切り出来る人が、千切り用のアイ…

この時期の乾燥肌はいつもと違うよ

この時期に肌がカサカサする人。ぶつぶつと湿疹の出てる人やなんだかポテーっとのぼせてる人。肌がカサカサしてるから「涼しくなってきたから乾燥してるのかも?」とおもいがちだが、 実はそうじゃない。 今年は梅雨が空けても湿気が多く、サウナのような夏…

この時期は“抑うつ”になりやすい季節

東洋医学の本や漢方薬局のブログなどを読んでいます。そこには“この時期は抑うつになりやすい”と書いてあります。抑うつとは、気分が落ち込んで何にもする気になれなかったり、憂鬱な気分になることなどをいいます。 「これっていわゆるセンチメンタルじゃな…

投資を推すのはなぜか

岸田首相が投資を推すのはなぜか。「そんなことより最低賃金上げろ!」「海外と比べてこんなにも給料が低いのに!」と発信している人をみて、こういうの詳しくないのだけれど、妄想や想像は得意なので考えてみた。 ・最低賃金を上げる最低賃金を上げるとどう…

下を向いて歩いていませんか?

ラグビーをしていたとき、しんどくなって下を向いていたらコーチから叱責があった。「下を向くな!しんどいときは腰に手を当てて前を向け!」 確かにしんどいとき、下を向くと余計にしんどくなる。なんとか下を向くのをこらえて前を向くと少し楽になり、下を…

身体はコツコツ、心は気まぐれ

身体は時間に正確で、毎日コツコツやるのを好む。多少食べ過ぎたから次の日ご飯を抜くとか、ダイエットすると身体の働きが悪くなるので、食べ過ぎたことは気にせず、毎日3食同じ時間に同じくらいの量を食べる、同じ時間に起きる、同じ時間帯に行動をする、な…

今年の秋は乾燥するのか?

梅雨があけて、夏が始まると本来は湿度が低く、カラッとした季節になる。お盆が明けてそのまま気温が下がっていくので、秋は乾燥の季節となり、ほどよい乾燥と涼しい気温は過ごしやすく、“◯◯の秋”と夏とは違う活動が活発になる。ところが、今年の夏はいつま…

センチメンタル・ジャーニー

夏の終わりは別れの季節、ひと夏の恋。なんて言葉がある。前回の記事に書いた残暑の人々の感情もそうだけど、夏の終りというのはどうもおセンチな気分になる。とはいえ僕はあまり感傷的になることは今までなく「まだまだ暑いなあ。」くらいの気持ちだったけ…

残暑の病は気から

病は気から。この言葉は残暑に出来たのではないか。朝ごはんを食べて、洗濯物を干しているとき、そう思った。お盆より、夏真っ只中よりは朝も日中も明らかに涼しくなっている。なんといっても風が涼しい。それでも残暑と言われるこの時期は「早く涼しくなっ…

地方の都市化が貧困を生む

お気に入りのコーヒー焙煎所が近く2つにあり、それぞれ味が違うのでその時の気分に合わせてコーヒー豆を買っていた。ところが数ヶ月前、2つのうちの1つが、ちょっと都会な場所に店を出した。すると店舗拡大してから少し経った頃に「コーヒー豆の価格高騰のた…

昔から今までの給料と実態

僕の大学の頃、今75歳の教授が授業で新卒のときの話をした。「僕らのときは学生が企業に行って、研究室案内してもらう。すると、向こうから「うち、どうですかね?」なんて言ってくるから、いいんじゃないですか。と答えて就職した。あの頃は時代が良かった…

これはきっと湿気のせい

毎年、「今年の夏は暑いです!」とニュースやテレビで耳にするのにうんざりして試しに2000年8月上旬の大阪の天気を調べてみた。雨の日は最高気温34℃で、晴れの日は37.7℃と書いてあった。「いや、20年前のほうが暑いやん!」テレビやニュースで天気を煽る理由…

アトピーはシャワーに気をつけて

夏、汗をかいたらすぐシャワーなどで汗を流すことが、夏のアトピー悪化予防としてかなり有効です。かゆみの原因となる汗を取り除き、冷たいシャワーで体の表面を冷やして肌の熱を取る。まあ、実際にはこの時期の冷水シャワーは、ほぼ常温のぬるま湯なんです…

夏のアトピーはじゅくじゅくするのが当たり前。夏の肌荒れとは。

アトピーで、夏に荒れやすい方はじゅくじゅく、冬はカサカサと言います。それもそのとおりで、夏は気温も湿気も高く、サウナ状態です。お風呂やサウナに入ったとき、皮膚がふやけますが、いわゆるそのような状態が日常になっています。 「肌に水分がたまり、…

学んだ全てを混ぜていくこと

学校の家庭科で、おそらく全員が学ぶであろう、栄養素のこと。炭水化物、タンパク質、脂質。これらが3大栄養素でビタミン、ミネラルを含んで5大栄養素。先の3つは特に重要でそれに比べるとビタミンやミネラルは少量だけれど必要なもの。そして“バランス良…

頬にはゴッツイ血管が通っている

最近、熱中症対策に首や脇ではなく、手のひらを冷やすと良いという。手のひらにはAVA血管という血管があり、体温調節をしている。首の付根を冷やすことで太い血管が冷やされて、全体的に冷やされる従来の方法とは別に、体温調節する血管を冷やすことで、熱中…

何がわかっていないかを知るのが大学

大学に入学し、初めての授業で永田和宏教授は僕たちに問いかけた。「小学校、中学校、高校と進んできたけれど、大学は違う。義務教育じゃないという違いもあるけれど、他に何が違うと思う?」と。誰も答えれず、少し残念そうに答えを言った。「今までは“わか…

便利が短気を生む

こないだスマホのゲームをダウンロードして、やり始め2日目、アップデートされて開くとキャラが消えていました。「えぇ、ゲーム出来ひん!」となったものの、「まあ、アプデで消えたバグなのであれば、次のアプデで直るか。」と思って待っていましたら、2…

インプット、アウトプットが終わったら

「インプットしたらアウトプットしていこう!」「アウトプットして伝えていこう!」大学生になると自己啓発本を読んでみたくなる。 話し方で人生が変わる聞く力大人の付き合い方 などなど、いかにも自己啓発本らしい本から、著名人の本まで、読んだ。それぞ…

冷たい飲み物のほうが夏バテしやすかった。

「検証してみよう。」とすると、人は自分がそうなってほしい結果を贔屓する。とくに今回のような体感の部分では殆どの場合、自分の希望通りになる。それを踏まえた上で、今回の話はそういった予め設定した話ではなく、たまたま得た結果だということを最初に…

避ければ避けるほど、弱く脆くなっていく

わかりやすいところでいくと、歩くことでしょうか。自分には考えられませんが、昔は江戸から京都や大阪まで歩いたり、関西出身なので、京都から大阪間を歩くのも考えられないのですが、平気で歩いてました。2021年冬アニメの平家物語で京都から神戸まで歩い…

今こそ、日本人の得意技、「まあまあ。そうやけどさ」のみせどころ。

日本人は決断力がない。とよく言われる。「もっとはっきり言うべきだ。」「自分の意見はないのか。」「どうしたいねん。」と。 僕が大学生の頃に、ネット社会での有名人たちが注目されるようになり、決断力の無さを指摘した。「すぐ決断出来る人が優秀」だっ…

冷水シャワーで夏バテ対策 美容ver.

前回、健康ver.でが健康よりの話をして、 www.komackyblog.com 今回は、冷水シャワーで夏バテ対策をしながら、美容効果の話をしたいと思います。 ・血行促進夏の暑い中、「血行は充分に促進してるやろ。」と思いがちですが、日中いる場所はエアコン下。涼し…

冷水シャワーで夏バテ対策 健康ver.

昔から温泉に水風呂があり、数年前にはアイス・バケツ・チャレンジという氷水を頭から被るというチャレンジが流行った。まあ、これはチャレンジすることで寄付に繋がるので流行ったけれど、人は何故こんなにも、冷たい水を求めるのか。 水風呂、アイス・バケ…

ハリーポッターから学ぶ、教育と成長

※ハリー・ポッターのネタバレがあります。前回に引き続き、ハリー・ポッターの話ですが、大人になって読んで気づいたハリー・ポッターの教育と成長について、お話したいと思う。 教育というと、ダンブルドアやマクゴナガル先生を思い浮かべるかもしれない。…

ロンとハーマイオニーは最初からそうなると決まっていた。

※ハリー・ポッターのネタバレがあります。少し前に、ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(ファンタビ)が公開されて、Amazon videoで過去作2つが観れるようになっていて、早速観た。ファンタビはハリーポッターよりも過去のダンブルドアがまだ…