化粧品研究者こまっきーの語り部屋

化粧品研究者こまっきーが普段考えていることを書き留める、日記のようなもの。

ちょっと早い、花粉症の話

先週のすごく寒かった寒波からは抜けたようで、先週ほど寒くはない1週間が続くそうだ。2月なので、もしかするとこれから寒暖を繰り返し、暖かくなっていくのだろう。最近は急に寒くなったり暖かくなったりするので、もしかするとこの春も急に暖かくなるかも…

アトピーから考える、見えないほうがいいこともある話

新卒で入った会社が合わなくて、辞めてから全身アトピーになって、かれこれ9年が経とうとしています。 ステロイドの使わない皮膚科、漢方薬局、また違う漢方薬局、煎じ薬を処方する漢方薬局と数年単位で病院を渡り歩き、ここ数年は自分で勉強しながら漢方が…

睡眠不足からくる冷え

今日明日明後日、関西地方では10年ぶりの寒波が来る。最近の天気予報はコロコロ変わる。今日も90%雨だと言っていたのに、午前中に雨はやんでしまった。その調子で明日明後日も寒くならなければいいのに。 寒くなると、寝付きが悪くなる。途中で起きてしまう…

多様性の束縛

昨年から急激に広まった言葉、多様性です。多様性を受け入れよう。というスローガンがあちこちでみかけるようになりました。多様性に関しては昔から色々取り組みがあり、男女雇用機会均等法もその1つです。 一見、良さそうな取り組みに見える多様性の受け入…

買えないものに、興味を持たない

音楽に読書、服に美容、と自分の身の回りに好きなことが多い僕です。欲しいものは高価な事が多く、服を買うときも同じようなシルエットでまあまあの価格の服を妥協して買っては「やっぱりなんか違う。」と、翌年には本当に欲しかったものを買うことが増えた…

切り抜き世界による表面的な情報の露出

あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。 新年一発目、何を書こうかと散歩しながら考えていました。2022年に増えたもの、自分が気になったこと。もう皆さんは慣れたかもしれませんが、昨年に増えた切り抜き動画には未だに違和感を感…

ちっちゃい休憩をこまめに入れる

12月中旬はかなりバタバタしていました。今月は“休む”をテーマに書いていこうと思っていたのに時間がなく、自分にも言い聞かせるように、ブログを書いていきたいと思います。 相変わらず休むのが苦手な僕ですが、休むことはもちろん、嫌いじゃないんです。む…

動いたら暑くて、家にいると寒い人。

病院は薬を売る場所だと思っている僕は自分で論文を読んだりして勉強している。なので家族などからよく相談がある。こないだ妹から「動いたらすぐ暑くなって、家におったり、動かんくなるとすぐ寒くなるねん。」とお悩み相談があった。 ネットで「動いたら暑…

冬になれば、水分摂取を少し減らす

水分摂取は1日2L。と言われています。人の1日に失う水分量は2.5L程度と言われているみたいですが、身長や体重、1日の動きによっても変わってくるはずで、2L以上必要な人もいるし、2Lも要らない人もいます。おそらくは、仕事をしていると水分を取ら…

スーパーと僕

スーパーに行くと、よく話しかけられます。少し前、どっちの豆腐にしようかと悩んで、安くなってる男前豆腐を手にすると、「やっぱり?そっち?」と話かけられました。「いま、こっちのほうが安いんですよ」と言うと、値段を見てなかったみたいで、「あ、ホ…

休むというスイッチを押す

11月は過ごしやすく、色んなところで出かけたり、友達とご飯を食べに行ったなんて話がよくありました。それが11月も後半になってくると、話は体調不良が増えていきました。毎年11月は大きなイベントはなくても、過ごしやすいのでアクティブに行動する月な気…

急な気候の変化の予測と対応

太陽暦が先なのか、季節が先なのか。と思うくらい、12月に入り、急に寒くなりました。ピッタリ12月1日に気温が10度下がりました。去年くらいから、季節は急に変わり、急に暖かくなり、急に寒くなり、この急な気温の変化で体調を崩してしまう方も多い…

2つの“休む”

“休む”とはなんなのか。幼稚園の頃から水泳を始め、小学校では水泳とサッカーと塾と、または塾と囲碁を。そして中高ではラグビー部に入り、高2で辞めて受験勉強をしていた。大学も授業と実験とバイトと遊びに明け暮れ、社会人になったとき、始めて土日とい…

日本人は欲張りである。

「皇室と日本精神」という本を読みました。本の帯には戦後隠された皇室の精神の復刻版だと書いてあり、それに惹かれて読んでみました。途中漢文なのか?古文なのか?古い言葉があり、わからないところが多かったのですが、聖徳太子の時代から、明治になるま…

その乾燥、何不足ですか?

気温が下がり、寒くなってくると空気の乾燥も気になってきます。喉がやられたり、呼吸するときに鼻がなんだか乾燥してる気がしたり、肌がカサカサしたり。 そして世間では乾燥の、乾燥による、乾燥のためのスキンケアが発信され始めますが、僕のスキンケアは…

試してみた睡眠のあれこれ-音楽、アロマ、漢方編-

試してみた睡眠のあれこれ、最後は寝具以外のアイテムです。寝具以外のほうが、無料で出来たりして取り入れやすいので、結構試している人は多いと思います。音楽やアロマ、漢方と3つ、試してみたことを紹介していきます。 ・音楽「寝れないときは気が張って…

試してみた睡眠のあれこれ-パジャマ編-

今回で4回目になりました“試してみた睡眠のあれこれ”寝れない自分がネットなどの情報から試してみて、あーでもない、こーでもないと研究に研究を重ねた結果をそれぞれのアイテム別に紹介しています。寝具アイテムとしてはおそらく最後、パジャマです。ジャ…

試してみた睡眠のあれこれ-掛ふとん編-

試してみた睡眠のあれこれ枕編、ベッド編と続き、次は掛ふとんです。掛ふとんといえば、羽毛布団、毛布、タオルケットなどがあります。タオルケットは夏に使うものなので、今回は羽毛布団と毛布の話と掛ふとんカバーの話をしたいと思います。まずは羽毛布団…

試してみた睡眠のあれこれ-ベッド編-

www.komackyblog.com 前回に引き続き、自分で試した睡眠のあれこれ。今回はベッドの話をしていこうと思います。 -ベッド-ベッドは大きく分けて2つあります。コイルマットレスとウレタンマットレスです。マットレスの好みを言葉にするのは難しいですが、沈む…

試してみた睡眠のあれこれ-枕編-

日中暖かくても、朝晩は寒くなってきました。寒くなってくると、寝にくくなったり、途中で起きてしまったりします。もう何年もずっと、寝れなかったり、何回も起きてしまったり、起きたら目が冴えてしまいなかなか寝れなかったりしていて、睡眠と調べてオス…

子供の頃から“区切り”が嫌いでして

「もう明日から6年生よ」「もう中学生なんやから」「高校3年生、最高学年なんやから」「もう、社会人なんやから」このように小学校から中学校、高校と上がるたびに、そして細かくは学年が上がるたびに言われ、小学校では高学年、中学校では後輩が出来るなど…

興味がないことに気づけ

いろんな情報があるけれど、それをいちいち全てに興味をもっていたらキリがない。情報は無限にあるが、お金と時間は限りがある。 だから、興味あるものに絞るべきだ。 昔から言われていることや習慣、当たり前と言われていることも含めて、自分のなかで要ら…

何でもバランス

“身体のことは身体に任せて声だけを聴く”という記事を前回書きました。ここで伝えたのは、自分が身体のことを管理していると思ってしまわないことです。「あれをしたから良かった」とか、自分が管理しているから健康なんだと思いがちですが、身体は僕たちが…

身体の中のことは身体に任せて声だけ聴く

人は自分で身体のことを管理してると思いたがるところがあります。例えば、健康管理と言ってサプリメントを飲んだり、前日食べ過ぎたら次の日ご飯を抜いたり、ダイエットと言ってご飯を少なくしたり。そうやって体重や体脂肪率などの体重計で図れる範囲で判…

人はなにかを信じずにはいられない

宗教関係が話題になってる今日この頃ですが、「人はなにかを信じずにはいられないだなあ」とつくづく思います。宗教を信仰する。とはよく言いますが、信仰する、“固く信じる心”というのは色んなところでみられます。 研究をしている化粧品もそうです。やっぱ…

カジュアルファッションのメイクが一番大変

カジュアルの意味が“気軽、ラフ、くつろいだ”などの意味があるので、カジュアルファッションは“気軽なファッション”として大衆に親しまれるようになった。 しかし、カジュアルのときのメイクが一番大変だ。 母は少し前まで、カジュアルな服装を好んで着てい…

コンビニって高いのになんでみんなスーパーで買わないんだろうって

小学生の頃、駄菓子屋に集まって遊んでいたことが、中学生になると部活帰りにコンビニに寄るようになった。駄菓子屋と違い、ごはん類も置いてるコンビニは部活帰りの育ち盛りにはもってこいで、片道1時間かかって通学していた僕は帰りにコンビニに寄って、お…

かばんに1つ、ストールを忍ばせて

先週水曜日から急に寒くなり、明日明後日と28℃まで上がったあと、更に寒くなるみたいだ。 www.komackyblog.com このブログでも話たが、今年は季節の変化が激しく、急な温度差で体調を崩してしまいがちだ。春や秋というのは、日中涼しいけど夜は寒いという気…

お客さんに来てほしくないTSUTAYA

音楽をストリーミングで聴くとめちゃくちゃ音が悪いので、僕はCDからAIFFファイルで取り込んでいます。前回の“ながら見”じゃないですけど、音の良い悪いで聞こえる音や広がり、臨場感が変わってくるので、同じ曲でも聴いてて楽しさが変わってきます。みんな…

ながら見という大きな罠

最近、ほとんどが“ながら見”になっている。この“ながら見”というのは、昭和の終わりから度々問題視されていたようで、僕の好きな小説家である赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズ2作目でも“ながら見”に対する忠告があった。確か、このときはテレビのザッピン…