化粧品研究開発者こまっきーの語り部屋

化粧品研究職であるこまっきーが研究者目線で化粧品や美容について語ります。

水を飲めば“むくみ”は治る。

こんにちは。

こまっきーです。

 

ショップ店員で一日立ち仕事の方、事務仕事で一日座りっぱなしの方、営業で歩きまわっている方、

それぞれが様々な原因でむくみが起こっています。

 

その対処法として、着圧タイツを履いて寝てみたり、マッサージをしたり、ストレッチをしたりして、むくみを頑張ってとっているのかもしれません。

 

しかし、タイトルの通り、

「水を飲めばむくみは治ります。」

 

なぜか?

 

むくみとは何か?から考えてみると、

むくみとは循環が悪くなり、一定の場所で水分が溜まることです。

足の方に溜まりやすいのは、立ち仕事でも座りっぱなしでも足が下にあるからです。

朝より夕方のほうが足が膨らんで、靴が窮屈になるのもむくみの影響です。

そのため、着圧タイツを履いたり、マッサージするのは理にかなっていると考えられます。

 

しかし、その場しのぎの対処法。どうしても夕方になるとむくんで、帰宅後はケアが必要になります。

根本的に、むくみにくい身体に出来ないのか?

 

実はむくみの原因はもう1つあります。

水を取らない為、身体が水を貯めようとすること。です。

 

身体の中で水分は循環し、排泄されて、新しく取り込んで、また循環して、の繰り返しになります。

水分摂取→循環→排泄→水分摂取→循環・・・

この流れで、水分摂取をしないと、「排泄するとヤバイぞ。」と身体が反応し、循環を抑えて、水分を貯めようとします。

これがもう一つのむくみの原因であり、タイトルの

「水を飲めばむくみは治る。」の原理です。

 

ショップ店員さんや事務の方でもなんだかお手洗いに行きづらい、と感じる方は結構多いです。

人の目線よりも自分の健康を第一に考えて、水分摂取して何回も席に立ってみれば、むくみは自然と回復します。

また、もしこれを読んでいる方が管理職の方であれば、自分で実践してみて実感して、みんなに実行してもらいたい。

 

ただ水分を取るだけで、むくみが改善できるなら、

無駄なケアをしていると思いませんか?

 

ケアするべきところに力を入れて

自分磨きは楽しんでほしいと思う。

 

こまっきー

 

komacky.com