化粧品研究者こまっきーの語り部屋

化粧品研究者こまっきーが普段考えていることを書き留める、日誌のようなもの。

1つにまとめていたものを、1つずつ分けていく。

こんにちは。
化粧品研究者のこまっきーです。

僕が大学に入った頃、iPhoneが誕生し、サムスンなどからもスマホが発売されました。
当時、Apple製品というと、イケイケの人が使ってるイメージがあって、
それが嫌で僕の初代スマホはギャラクシー(サムスン)でした。
すぐに電池が切れるし、メール打ってるのにフリーズしてアプリが強制終了してしまうし、
本当にイライラするようなスマホでした。笑
2年後、iPhoneに変えてサクサク動くのをすごく感動した記憶があります。

それからBluetoothイヤホンが普及され始めの頃で、
僕は「これからはワイヤレスでiPhone1つで何でもやる時代だ。」
そう思って、イヤホンはBluetooth、ウォークマンをやめて、
音楽も手帳も本もカメラも、みーんなiPhoneにまとめていました。

「おお、これ1つで全部出来るやん。後は財布だけやん。」と。

それから1年位して、Amazonでkindle paperwhiteなるものを買いました。
iPhoneでは目がつかれるし、他のことも出来るので集中出来ない。
夜ベットで読むのに、本だと明かりが消せないので、kindleはいいかも。
そう思って買ったら、これがすごく良くて、kindleは本を読むことしか出来ないので
他の事に気を取られることもなく、明かりが消せるのでそのまま寝落ち出来る。
なかなかのアイテムで、今も活用しています。

それからまた1年が経ち、カメラを買いました。
「一緒に一眼レフを買おう」と誘われて買ったカメラですが、
初めての一眼はほんと感動するものがあり、
「iPhoneのカメラと全然違うやん。こんなん一緒に出来ひんわ。」
と思いました。
これだけiPhoneのカメラ技術が普及しても、一眼レフにはかなわないです。
数年前にカメラは新調しましたが、カメラもkindleのときと同じように
カメラのほうが集中出来るんです。

Bluetoothイヤホンは去年、有線に戻しました。

www.komackyblog.com

 ここでも書きましたが、高いお金払って、便利をとって質を落としている。
と言うことに気づき、僕は質をとったのです。

そして今、音楽をウォークマンなどのDAPに戻そうとしています。
今のiPhoneにはイヤホンジャックがなく、それだけで音質は悪くなるし、
iPhone自体の音質が良くないことに気が付きました。
音質、「私には分からない」という方でも、色んな音が聴こえると、音の広がりや立体感が出ると、それだけで音楽を聴いていることが楽しくなります。
僕だってそんなに詳しいわけじゃないです。

そして、ウォークマンだった頃は音楽に集中したり、BGMで流しながら勉強していましたが、
iPhoneで音楽を聞いているときはインスタやツイッターやと色んなアプリを対して真面目にむるわけでもなく、ながら見で、音楽に集中していなければ、SNSにも、なーんも集中せず、
“何をしているのか分からない、時間の浪費”であることに気づいたんです。

読書もカメラも音楽も同じでした。
1つにまとめた結果、持ち歩く量、1つでなんでも出来る便利さという2つが残り、
それらの質と、なにより集中力が無くなりました。

iPhoneに残ったのは、新しく追加された機能、財布と手帳くらいでしょうか。

本も音楽もカメラも。
僕はまた1つずつ分けていき、
便利な世の中に、便利であるがゆえに消えてしまっている部分に気づき、
自分で便利と質を選んで行こうと思います。

こまっきー

www.komacky.com