化粧品研究者こまっきーの語り部屋

化粧品研究者こまっきーが普段考えていることを書き留める、日誌のようなもの。

夏は脾(胃腸)。

こんにちは。
化粧品研究者のこまっきーです。

春は肝。に引き続き、

 

www.komackyblog.com

 夏は脾。胃腸です。

胃腸は乾燥を好み、湿度の高いのは苦手です。
なので梅雨時期は特に苦手で、曇ばかりで精神面で食欲不振かと思いきや、
そもそも胃腸が苦手だったのです。

そしてそのまま夏が来て、
暑くて体力が奪われて疲れて、胃腸が弱りやすくなる。

そう、夏は脾、胃腸なのです。

また、汗をかく。というのは老廃物を出したりとか身体を循環させるという意味では
大切なことですが、かきすぎてはいけないのです。
汗をかくことは、結構体力を消耗するもので、
かきすぎた結果が、熱中症。というもので、
言い換えれば夏バテというやつで、
何事もやりすぎは良くない。の代名詞です。

クーラーが出来たから、熱中症が出来たのか
熱中症が増えたからクーラーが出来たのか、
どちらが鶏でどちらが卵かも判別できない話ですが、

なにはともあれ、夏を上手に楽しむには
カーテンを早く閉めて、夜の方へと身体がスイッチしやすいようにしたり、
クーラーをうまく利用して、
冷たいものを食べすぎず、
胃腸に気を使いながら、
生活する必要があります。

胃腸に気を使う。というと、
あっさりした食べ物を。とか
野菜中心の食生活を。とかをイメージしがちですが
体力を使う夏は、むしろ逆。
体力を消耗してるわけですから、
体力消耗ということはエネルギーを使っているということで、
食べ物からきた栄養の消費が早いということです。
米でも肉でもなんでもしっかりガッツリ食べて、
体力つけないといけません。

今年は梅雨が早かった分、
急に暑くなったように感じます。
そのため、早速の夏バテの人が多いように思います。

夏は脾。
胃腸が疲れないように、クーラーを上手に使い、
カーテンを早めに閉めて、
体力不足にならないように、しっかりガッツリ食べて、
夏を楽しく乗り越えましょう。

こまっきー

www.komacky.com