化粧品研究開発者こまっきーの語り部屋

化粧品研究職であるこまっきーが研究者目線で化粧品や美容について語ります。

マスクは必要なときにすればいい〜マスクデメリット〜

こんにちは。
化粧品研究者のこまっきーです。

もうとりあえずみんな
マスク
ですよね。

でもね、それによるデメリットに気づいていない。
マスクをすることで、コロナ感染の予防(あくまで予防)にはなりますが、
その反面起こることに誰も指摘しないし、一般の人はだれも気づかない。

そこで
マスクしてるからこんな症状出てるんだよ!
と紹介したいんです。

 

のぼせ


気温が暑くなってきたから、のぼせる。それはもちろんありますが、マスクをしていると普段以上にのぼせます。
熱気というのは上に上がっていきます。怒ったときの顔が赤いのがその象徴です。
怒ったときに足が熱くなれば、素晴らしい暖房なんですが。笑
マスクをしていると、顔の半分を覆っているわけですから、顔半分は熱気を籠もらせています。
顔の下半分の熱気がこもる→熱気は上に上がる→熱気を放出できない→のぼせる。

襟足が赤くなってる人も、これに当てはまりますよ。

赤ら顔


のぼせと一緒です。
顔の下半分の熱気がこもる→熱気は上に上がる→熱気を放出できない→赤ら顔になる。
その対策に薬を飲むのは本末転倒では?

耳が切れる


マスクをつけるから、耳が切れる。だけなく、
マスクをすることで、顔全体に熱気がこもり、皮膚の弱い耳の部分が切れる。
耳、熱くないですか?
耳が切れていて、顔や耳が熱いなら、それはマスクによる熱気のこもりです。

頭痛


マスクというフィルターを一枚挟んで呼吸しているわけですから、普段以上に肺活量が必要です。マスクをしたほうが、呼吸が浅くなり、酸素が上手に取り込めていません。
呼吸が浅い→酸素不足→頭痛
というわけです。

不眠


最近寝れない。という人をよく聞きます。見ます。
インスタのストーリーやTwitterとかで。
寝る時の基本は、深部の熱を下げることです。
それが、マスクのせいで頭に熱がこもり、夜になっても取れず、熱はいわゆる“怒ってる状態“になっています。
怒った状態でスッと寝れるわけもなく、こもった熱がスッと取れるわけもなく、結果
寝れない。
に繋がります。

アレルギーが増える


これはマスクをし続けると起こり得ることです。
アレルギーは空気がキレイになったため起こりやすくなった。
というのは過去記事の話ですが、

 

www.komackyblog.com

 

 

www.komackyblog.com
色々なものを取り入れて、毎日免疫がコツコツ働くからこそ、
身体は元気で、風邪をひきにくく、どうでもいいものにアレルギーという過剰な反応も起こりにくくなります。
(だから僕は空気清浄機反対派なんですが・・・)
 マスクをすると、花粉だけでなく色々なものが取り入れれなくなります。
そして、アレルギーが増えます。

これは今回のコロナの感染者数ですが、
高齢者よりも、20〜50代が圧倒的に多いんです。

f:id:komacky_cosme:20200526121642j:plain

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data-rate/

日本の人口はツボ型なので、年代別の人口にそれほど大きな差はありません。
昔の人は色んなものを触っていたから強い。
というのはよく聞く話ですが、
これはそれが躊躇にあらわれているのではないでしょうか?


すでにコロナ収束しつつあり、国内感染者もわずか。ほとんどは院内感染です。

空気はきれいになり、その上マスクで更にフィルターをかけ、
そして起こる病を我慢してまで、今、マスクは必要なんでしょうか?

収束してるなら、マスク外せば?

コロナ以外の病気は薬で治るので、国は軽視しています。
「じゃあ、薬飲めば?」で済むことなので。
それなら、自分のことは自分で守る必要があるのではないでしょうか。

以上、マスクのデメリットでした。

☆質問、相談は気軽にコメント、メッセ下さい。
こまっきー

↓スキンケア発売中↓
※顔を掻きむしっているアトピーの方にスキンケアはおすすめしません。